富雄松陰塾富雄松陰塾

一条高校附属中学校入試に向けて

-説明会で見えたもの-
説明会について公式には、奈良教育委員会の「令和3年3月一条高等学校附属中学校学校説明会について」のページをご覧ください。

一条高校附属中学校説明会の様子

一条高校附属中学校説明会 2021年3月27日・28日に一条高校内のICHIJO HALL 2020で、2022年4月開校予定の奈良市立一条高等学校附属中学校の説明会が開催されました。新型コロナウイルス感染拡大防止のために2日間計4回に分けて開催された説明会には、1200組以上の方が参加され、奈良市立としては初めての中高一貫校の設立と言うこともあり、皆さんの関心の高さが分かる説明会になっていました。

来春行われる検査

一条高校附属中学校適性検査サンプル問題 この説明会で来春行われる入学者の決定で行われる検査についても発表されました。検査は適性検査Ⅰ、適性検査Ⅱ、面接、小学校から提出される調査書で、これらを総合的に判断して入学者を決定することになるようです。今回の説明会では適性検査のサンプル問題が配られました。適性検査Ⅰでは、「文章や資料を読み解き、課題を整理して適切に表現する力や、自らの考えを事実にもとづいて表現する力を測る」とされ、適性検査Ⅱでは、「身近な自然現象やグラフ、図、データ等を分析し考察する力や、課題解決に向けて論理的に思考・判断し表現する力を測る。」とされています。

適性検査Ⅰ・Ⅱをご希望の方は、お問合せのページより「お問合せ内容」欄に「一条高校附属中学校適性検査希望」とご記入の上、お問い合わせください。

どのような力が必要か

 実際に配られたサンプル問題を見てみると、適性検査ⅠでもⅡでもただ単に知識を詰め込んでおけばできるといった問題ではありません。また算数でも〇〇算といった特定の問題の解き方が求められる問題ではありません。与えられた文章を正しく読み解くことが求められています。文章を読み解くことの中には、グラフや図表を正しく理解し文章の中で解釈する力も含まれています。また読み解くだけではなく、自分の今までに持っている知識と組み合わせた上で、論理的に考え自らの意見をまとめて文書化する力も必要になっています。
 一条高校附属中学校の適性検査だけではなく、今年初めて行われた大学入学共通テストでも同じ傾向がはっきりとしており、教科書に書かれていることを丸暗記しただけの知識ではなく、自分の持っている知識をいかに活用するかが問われることになっています。

富雄松陰塾でお役に立てること

 富雄松陰塾の「脳力開発講座」は、最近の中学校での定期試験や高校入試、大学入試さらには社会人になってからも必要な力を、小学生の間からトレーニングしてつけておいてもらいたいとの思いから導入した講座です。脳力開発講座では、文章を早く正確に読み解く力=速読解力と、ものごとを論理的にしっかり考え抜く力=思考力を鍛えます。学校の教科の学習のベースになる力を鍛えることができる講座です。さらに脳力開発講座を受講いただいている生徒のうち希望者には、「論理作文」のトレーニングを行っていただくことも可能です。
 今回の一条高校附属中学校の適性検査Ⅰの中には、原稿用紙の正しい書き方に則って、200字から300字の2段落構成で作文する問題も含まれています。表やグラフの入った文章を早く正確に読み解き、論理的に考え抜いて、それを自分の言葉でまとめて文章にする。これこそが富雄松陰塾の「脳力開発講座」の目指しているものであり、一条高校附属中学校の入試、さらには一生必要とされる力です。ぜひ一度「脳力開発講座」をご検討ください。

「春休みの宿題」として一条高校附属中学校で出題されていた問題

(1)12345679×9を計算しなさい。
(2)12345679にどんな数をかけると、999999999になるでしょう?
出展;奈良市教育委員会ホームページ 一条高校附属中学校説明会のページより
(1)の問題はただ計算をしなさいという問題ではなく、工夫して計算しなさいと言う意味です。どのように工夫して計算すると簡単に計算することができるかを考えないといけません。
(2)は(1)の結果を使って、考える問題です。(1)の結果にどんな数をかければ良いかを考え、その結果12345679にどんな数をかけると999999999になるかを導く問題です。

お問い合わせ・資料請求 無料体験・説明会のお申込み